知育効果

論理力・創造力などの知育効果が期待できます!

脳科学者・篠原教授の監修のもと、ダイヤブロックで作品を作ったりパズルを解いてもらい、近赤外線分光法で脳の活動状態を観察する実験を行いました。

5才~6才の子どもの実験では、「反応抑制」「行動の切り替え」「プラニング」「推論」などの認知・実行機能を担う『前頭前野』の活性化が全体的に見られました。さらに設計説明書を見ながらブロックを組み立てたときには読解力を司る『言語野』が活性化し、自由にブロックを組み立てたときには空間認知機能を司る『頭頂連合野』に活性化が現れました。
この実験により、ダイヤブロックで遊ぶことで、子どもの脳の発達・開発、つまり「知育」に効果的なことが考えられる結果が得られました。
またダイヤブロックを作っているときには「楽しい」という感情が「好奇心」につながり、一所懸命に取り組むことで「集中力」が身につくことも期待できます。
篠原教授の監修のもと、ダイヤブロックで遊んでいるときの脳の活動状態の観察実験を行ったところ。5~6才の子どもの実験では、『前頭前野』の活性化が実験中全体で見られました。さらに設計説明書を使った作品作りでは『言語野』が活性化。自由創作では『頭頂連合野』に活性化が現れました。この実験により、ダイヤブロックが子どもの脳の発達・開発に期待できる結果が得られています

●前頭前野
思考や創造性をにない、(ワーキングメモリー、反応抑制、行動の切り替え、プラニング、推論などの)認知・実行機能をつかさどる

●言語野
話しや文字の理解、書字の機能をつかさどる

●頭頂連合野
複数の感覚情報が統合される領域で、空間認知機能などを司る

脳科学者 篠原菊紀

公立諏訪東京理科大学
工学部情報応用工学科教授

長野県生まれ。東京大学卒業。同大学院教育学研究科修了。公立諏訪東京理科大学工学部情報応用工学科教授として教鞭を執るとともに、地域連携研究開発機構医療介護健康工学部門長、学生相談室長など精力的に活動。「遊んでいるとき」「運動しているとき」「学習しているとき」といった日常的な場面での脳の活動を調べ、介護、教育、玩具などの商品開発を企業とコラボし行っている。

SHOPPING

製品のご購入はこちら