ABOUTダイヤブロックとは

一番遊びやすいから、ダイヤブロックを選びました

3歳から遊べるダイヤブロック

ダイヤブロックの原型は、2本の鉛筆を同時に差し込めるキャップでした。このキャップを改良して生まれた初代ダイヤブロックは、白以外はすべて透明でした。透明の部品でつくった作品がダイヤモンドのようだったことから、「ダイヤブロック」の名前がつけられました。

組み立てやすく、外しやすい

ダイヤブロックはまだ握力の弱いお子さまでも遊びやすいよう、2重バネ構造を採用していますので、とても組み立てやすく、また外しやすいという特徴があります。組み立てたり、崩したり。お子さまが夢中になって遊べるから、想像力を妨げることなく自然に「つくる力」を伸ばしてゆくことができます。

1962年に日本で生まれた純国産ブロック

ダイヤブロックは、そのほとんどが長野県東御市にある工場でつくられています。日本国内生産にこだわって安心と安全をお届けします。

ダイヤブロックの特徴

シンプル!だから想像力がどんどん広がる

ブロックは想像のはたらくままにつくりあげる、粘土やクレヨンに並ぶ知育素材であるとダイヤブロックは考えます。どこまでも広がる子供の想像力をさまたげないように基本のブロックはもちろん、窓やドア・タイヤなど特殊ブロックまでなるべくシンプルに仕上げ、子供の創作イメージを固めてしまわないようにデザインされています。

お子さまの成長に合わせた豊富なラインナップ

ブロック遊びはひとり一人違った段階があります。その子その子の個性や経験、創造の方向性や好みによってその広がりはさまざまで、一概に対象年齢だけで分類出来るものではありません。ダイヤブロックは発育に合わせた3種類のブロックがあり、そのなかでも基本から応用までカバーできる豊富なラインナップをご用意しています。

安全・安心のこだわり

ダイヤブロックは、生産する子供向け商品すべてが日本の玩具安全基準である ST (セイフティ・トイ)に合格したものである事、また一般の玩具より製造工程で高い精度を必要とする事、というこれらの品質を維持する為であり、発売以来変わらぬ技術を守り続けています。

SHOPPING

製品のご購入はこちら